2022年6月20日、東京藝術大学工芸科染織研究室において、「仁和寺VR~観音堂の世界」を学生の皆さんに体験していただきました。過去2年来のコロナ禍の中、仏教彫刻を京都や奈良など、現地で鑑賞するプログラムは停止してしまいました。実習や体験といった機会が失われたしまったことは、どの分野の学生たちにも共通の問題となりました。このたび研究室の関水先生の働きかけで仏像の方から、学生の皆さんのところに会いに行きました。芸術を志す若者たちにとって、バーチャルの世界で繰り広げられる神秘的な仏像の世界は、どのように映ったのでしょうか。VR体験が、彼らの創作活動の何かの刺激になれば幸いです。

東京藝術大学
井手亜里 京都大学名誉教授による
メタバースの世界のお話
アートリサーチから
VRの制作過程のお話
学生さんの視聴の様子1
学生さんの視聴の様子2
学生さんの視聴の様子3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。